FXはドル通貨で決まり

FXはおよそ20ヵ国もの通貨を取引します。この通貨取引でどの通貨を選択するか。あなたならどうしますか?その時に一番利益がでる通貨を選択する人もいるかもしれませんが、実は長期的に見ると損をしてしまうかもしれません。私はある程度取引する通貨を決めた方が、良いと思います。
私が取引する通貨を、あらかじめ決めた方が良いと思う理由は二つあります。
一つ目は、通貨変動の流れに乗ることが出来ることです。通貨の価格には流れがありその流れに乗ることがとても大事になります。一時的な取引ですと、この流れを掴むまでに時間がかかります。そうしている間に、利益を上げるポイントを逃してしまいます。
二つ目は、ポジションの管理がとても楽だからです。たくさんの通貨のポジションを取ると、決済する時の手間も多くなり、自分が今どのくらい利益・損失を出しているのかが分かりにくくなります。最大でも三つの通貨までに、抑えていた方が良いと思います。その三つの通貨、どれを選択するのか。私はドル・ユーロ・円。これだけで充分利益を上げることは、可能です。


ドル通貨の利便性の高さ

ユーロ・円もFXでは大事な通貨です。しかし、FX取引をする時に避けて通れないのが、ドル通貨です。最悪このドル通貨だけしか取引しない投資家も多くいるほどです。
FX入門したばかりの人は、ドル通貨だけの取引だけで良いと思います。
世界経済はアメリカを中心に回っています。経済に何らかの事態が起こった場合は真っ先にドルに影響が出るのです。この価格変動はFXトレーダーにとって重要なポイントになります。通貨は、株式や証券と比較してもそこまで価格が上下しません。FXは取引の通貨差異で利益を得る投資なので、価格が動いてくれないと利益を得ることが出来ません。そうなると、なるべく価格変動を期待してしまいますよね。
ドルはメジャー通貨なので、頻繁に価格変動します。
そういった面からみてもドル通貨は、利益を出すためには欠かすことができない通貨だと言えます。