スワップポイントの利益を望む、FXの長期トレード

FXでは長期トレードを行うことで、スワップポイントという金利差益の利益も望むことができるそうです。バーチャル市場の最後となるニューヨーク市場をロールオーバーさせた通貨には金利が必ずつきますので、この金利の差額が儲けになるというものです。土日は市場がお休みに入りますから、金曜日の夜にロールオーバーしたものは3日分の金利もつくため、金曜日には市場が活発になることもあるそうです。


FX長期トレードはレバレッジ低く

通常のFXでは少し高いレバレッジをかけて、できるだけ積極的な売買とマメなトレードの終了で、利益を確定させていくそうですが、スワップポイントを考えている場合には、決済を行いません。そのままロールオーバーさせて持ち越すことで金利がつくため、通貨ペアもあまり上下が大きくないものを、入門者でなくても、レバレッジはかけないか、非常に低くする、リスクをできる限り最初からなくす方法を主流としたトレードを行っているそうです。


通貨ペアに多いのは日本円とオーストラリアドル

日本の円は、金利が非常に低いため、スワップポイントを狙う多くの投資かが保有しているそうです。ここに金利の高い通貨を組み合わせて、金利差益を出します。市場では金利が低い通貨を売り、金利が高い通貨を買うことで差益ができます。もちろん、日本円以外の通貨、外貨同士を組み合わせることも可能です。