スプレッド幅に注目する口座選び

FX口座を選ぶときに、取引手数料や、サポート体制などをチェックしていると思います。入門するときに口座を見ても、取引手数料がない会社も増加傾向にあるかと思うのですが、FX業者はどのような形で利用者から利益を出して運営しているかなど、売買の仕組みなどをご紹介します。


FXのスプレッドは売買差額

FXではスプレッドという、会社が売買を行なう際の差額があります。これは会社が買う値段、BUYと、会社の売る値段、ASKの幅のことです。この差額が大きいほうが、会社の利益は大きくなると考えられます。業者も高く売って安く買うという方法を取っているのです。そのため、業者を選ぶときにはできる限り、このスプレッドの幅が狭い業者がおすすめされるそうです。


スプレッドが固定されている会社も

この差額を市場の外貨為替相場によって変える会社もありますが、中には固定した幅でずっとトレードができるという会社もあります。ただし相場で為替が急に大きな値動きを見せるような場合、固定している会社でも、この幅を変えるということはあり得るそうです。変動する会社の場合、売買が積極的に行われると幅が狭くなる傾向にあると言われています。ちなみにASKとBUYというのは会社から見た売買になりますので、利用者は売る値段がBUY、買う値段がASKとなります。